美容外科 お腹の脂肪吸引手術

体重計

美容外科でのお腹の脂肪吸引をすることで、すっきりとしたスタイルを手に入れることができます。いくら腹筋をしてもなかなかへこまない脂肪は、吸引で無くしてしまうことでスリムになります。

手術の前は緊張をしますが、腕からの麻酔や商機麻酔を使うことで、手術の最中は夢の中へと誘われています。手術が終われば麻酔も止まりますので、意識が戻ります。痛み止めと抗生物質などの内服薬は当分お世話になりますが、美容外科での脂肪吸引手術後のアフターケアが、とても重要になります。

全身麻酔手術なので、その前には6時間ほどの絶食などもありますが、治療後は痛みや内出血との戦いです。傷口は完全に閉じて、回復も順調にするために、お腹を固定できるガードルを着用します。24時間着用をするので、替えのガードルがあると便利です。しばらくはお腹の内出血や痛みがありますが、1ヵ月もすると見た目にも落ち着きますし、すっきりとした状態を手に入れています。

美容外科 脂肪吸引ですらっとした太もも

整形手術

女性がダイエットをしてもなかなか細くならなくて苦労する場所の一つが太ももではないでしょうか。女性はホルモンの影響で太ももを始めとした下半身に贅肉がつきやすく、苦労して体重を落としても脚は細くならなかったという悲劇も起こりかねません。確実に太ももを細くしたい場合におすすめなのが、美容外科で受けられる脂肪吸引です。

皮膚の目立たないところから吸引用の管を挿入し、余計な脂肪を吸い取ってしまうので、確実に脚を細くすることができます。また、締まりのない内ももや外ももの張り出し、膝の上にのった肉など、希望の部位から贅肉を取り除けるので、細いだけでなく美しい脚にすることが可能です。

脂肪吸引の施術はどの美容外科でも大体行っていますが、美容外科によって、またドクターによって施術の腕が違うのが実情です。まずはホームページに載っている事例を参考に、自分の希望に近い症例を探し、その後直接ドクターに相談することが、失敗のない脂肪吸引への第一歩です。

痩せる

美容外科 お尻に脂肪を注入

不要な肉を無くす

美容外科では、お尻に付いた脂肪を吸引して、小さくする治療を受けることも出来ますが、近年は桃型にするため、ヒップアップ希望する人が増えてきています。自力でダイエットするだけでは、なかなか理想的な形には出来ないので、四角い形から、丸みを帯びた可愛らしい形にしたいときは、お近くの美容外科で相談するようにしてください。

ヒップアップする方法のひとつは、お尻にヒアルロン酸を注入することです。メスを使わないので、傷が出来ることはないですし、ヒアルロン酸はもともと体内にある成分なので、アレルギーなどの心配もありません。

また、太ももなどの気になる部分の脂肪を吸引し、中に含まれる幹細胞を、脂肪と一緒にお尻に注入する治療を受ければ、ご自身の脂肪細胞を使うので、自然な仕上がりになります。定着率も良く、効果も長持ちするのでおすすめです。気になる部分を痩せて、スッキリさせることが出来ますし、ヒップアップもできて一石二鳥の効果を得られるので、試してみるようにしましょう。

スッキリした脚へ