美容外科 内蔵脂肪の処理技術

現在の美容外科で扱われている内蔵脂肪を減らすための痩身技術は主に2種類があげられ、大きく分けて脂肪吸引とメソセラピーが代表的です。

一般的に脂肪吸引の技術はメソセラピーよりも効果が大きくリバウンドの心配が少ないという特性を持っていますが、相応のリスクを考慮しつつ施術を受けるかを決めるべきといえます。

デメリットとして注意が求められる点では特に施術の規模と身体への負担が重要であり、切開によって身体へ穴を開け物理的に取り除く方法となることから、大量の脂肪を除去できる一方で術後の回復までに時間を要すほか、状況次第では短期間の入院が不可欠となります。

また、美容外科の担当医がどの程度の技量を持っているかにも左右されやすく、部分的な痩身のみを目指す際にはリスクの小さいメソセラピーを選んだほうが安心というパターンも考えられます。

メソセラピーは効果が現れるまでに日数を必要としますが、大規模な手術や時間がかからずに済む点で優れます。

運動してだめなら医療